忍者ブログ

M:cico通信

西宮市の草木染め教室 M:cico舎からのお便りです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旧船坂小学校にてイベント開催しま~す::紅花染め::

こんにちは。
1週間ぶりのブログ更新です。

今日はイベントのお知らせですよぉ。

まずはお知らせemoji
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
時:2014/8/24(日) 10:30~14:00くらい(受付開始 10:00)
場所:旧船坂小学校
参加費:3000円(材料費含み)
イベント内容:船坂の畑で育った紅花で布を染めます。
         染めた布でくるみボタンとピンボードを作ります!!
参加募集締め切り:8/10
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回のイベントは「patch-work」さんとのコラボです。
詳細はM:cico舎のHPをご覧くださいね→
募集は30名ですが、既に23名の参加があるようです。
お申し込みはお早めに~emoji

そもそも、何故に紅花?なんですが。。。
この詳細はこちらから→

育った紅花で染めものをしたいんだけど、と声をかけてもらいましたemoji
そしてそして、育った紅花の摘み取り作業。
7/12(土)に6名で摘み取り開始~。
(西宮流さんがその1週間前に雨の中の摘み取り作業もされてます。ありがとうございました。)
 
船坂。茅葺屋根が残るのんびりとした集落。
摘み取り作業は無事に終わりまして。。。
船坂の住人の方のお庭のキウイの間引き作業をお手伝いすることになりました。
画像の右はキウイの棚なんですよ~。

 間引いたキウイ。熟していないので硬いのです。
これをお肉と炒めたら、キウイのペクチンでお肉が柔らかくなったりするのかしらんemoji
 
これも同じ住人さんのお庭で採れたお野菜達。
新鮮間違いなしemoji


採取した紅花。

しっかり乾燥させて、花びらをもぎります。
その花びらを使って染料にするんです。

今日は摘み取った花びらで、即席の実験。
あ、これは摘み取り参加者の方の指導のもとで行いました。


①花びらに重層を混ぜて、揉みこみま~す。
②茶色に変色した花びらを布に刷り込みます(今回は型を使っています)。
③クエン酸液に漬けると赤く変化して、ご覧の通り。

古来から日本の色として愛されてきた紅花。
当日のご参加をお待ちしていま~すemoji



PR

ハーブ&バラ染め

M:cico舎のつくり家です。

いやはや、梅雨が明けたと思ったらこの猛暑。
京都は盆地なので、関西の他の地域よりも気温が1度ほど高めです。
あちちぃ~emoji

今日はTさん。
おなじみのハーブ&アロマの先生です。
本日、Tさんは植物を持ってこられましたよぉ~。
自宅庭で摘み取ったハーブ。
チェリーセージ、ドクダミ、マジョラムetc。
お花屋さんでもらったバラの花びらのドライ。

それをコットンのハンドタオルに染めまするemoji

まずは、バラの花びら。
バラやサザンカなどの赤系の色素は酸で色止めするんですよ。
まずは、色素を抽出。
 水で薄めたお酢でバラの花びらをギュギュと揉んでます。
よ~く、揉みまする。
そうすると。。。
 これくらいのピンク色の染液がとれます。
それを、50度位に温めて(高温にすると赤色が飛ぶからです)染色。
 完成品!!
手前がバラ染め。
材料:バラの花びら(ドライ)
媒染剤:食酢
濃染処理:あり
素材:コットン ハンドタオル

奥側はチェリーセージで染色。
材料:チェリーセージ
媒染剤:チタン
濃染処理:あり
素材;コットン ハンドタオル

そしてそして、藍染めして白抜きした生地も完成。

今日はたくさんの作業でしたね、Tさん。





Aちゃんの布::再び::

先月と今月はよく登場してくれます。
Aちゃん再びです。

M:cico舎なんですが、来月から諸事情で教室開催日を縮小する予定なんですよ。
そういうことで、Aちゃんは手持ちの布や糸を「まとめ」草木染めのご希望~。
ほんと、ありがとうございますemoji

今日はレース糸と布を持参されましてぇ。。。

染め上がりましたemoji

画像手前から、
材料:ドングリ、カモミール、ドクダミ
媒染剤:鉄
濃染処理:あり
素材:コットンレース糸、コットン/リネン生地

いつも渋いアースカラーの色を染めているAちゃん。
でもね。。。
ちょっと乙女なピンクにも心ひかれているそうなemojiウフフ。

今まで染めた糸や布でどんな作品を仕上げるのかしらん??
つくり家も楽しみですわ。





レザー&草木染めのトートバッグ::Kさん&Uさん編::

こんにちは。

台風8号。
つくり家の住む近畿地方には大きな被害も出さずに、熱帯低気圧化しましたね。
みなさんのお住まいの地域は大丈夫でしたか??

そんな雨emojiでじめじめした日はインドアでハンドメイドを楽しむっていうのはどうですかね?emoji

フェリシモ「春のオープンクラス」の今月の製作品はこちらemoji

レザー&草木染めのトートバッグ、なのですよ~。

つくり家のサンプルは24cm×24cm、マチ5cmの小ぶりです。
まぁ、ちょっとお出かけにはちょうどいいサイズなんすemoji
ただ、通勤に使うには小ぶりすぎ?と思い、改良したでございますのよ。オホホ。

それが、これさぁ。

あ、ちなみにこれは生徒さんの完成品。

大きさは29cm×28cm。マチは7cm。
ずいぶんでっかくなったなぁ~という印象。
まぁ、その分縫いの時間はめっちゃかかりました。
めげずに完成させたKさん&Uさん。
本当にお疲れさまでした。

今回のバッグの最大の特徴は、このマチ部分。
カシメで留めて出来上がりなんで面倒なマチの処理は簡~単emoji
でも、ちゃんとデザインとして成り立っておりまする。
エッヘンemoji

頑張ったお2人の完成品をとくとご覧あれ~。

Kさん:

手で持った時の感じはこんなの。
木の持ち手がツルツルで気持ちいいっすemoji

内ポケットは草木染めの型染め。
教室で使う型はつくり家オリジナルなのですよん(ちょっと自慢)。

Kさんは梅模様を白抜きされました。
スパン!!と白く抜けて気持ちいい~。
なんだか、めでたいですなぁ。

材料:インド茜
媒染剤:銅
濃染処理:あり(対布重量比15%)
素材:コットン帆布

縫い糸も同色でまとめて、シックな仕上がり~。
かと思いきや、持ち手の革を撮り付けたら、あらら。
とってもワイルドな雰囲気にも。


こちらはUさんの完成品。
同じ型で作ったバッグですが、持ち手部分など細かいディテールの違いで随分印象が変わります。

持ち手の革部分をパステルな水色。
内ポケットはパステルなピンク。
優しい感じどすなぁ。
型模様はクロス。
つくり家の新作です。

材料:ビワの葉
媒染剤:銅
濃染処理:あり(対布重量比15%)
素材;コットン帆布

Uさん。
M:cico舎ではオープン後約半年目からの生徒さんです。
M:cico舎が今年の6月で5年を迎えたので、そう思うと長いお付き合やなぁ~としみじみ。

このトートバッグ。
実は気に入っちゃったのでもう1個製作中なんです。
黒革と藍染めの縫い糸でヌイヌイ中。
内ポケットは紅花の黄水を使って銅媒染で染色。
黒×黄色って、某球団カラーやな~。

誰にプレゼントしようか思案中なつくり家でしたぁ。













大人なピンクの麻ストール::ビワの葉::

こんにちは。つくり家です。

ただ今、京都は祇園祭の準備中。
街の至る所に、お祭り前の賑やかな雰囲気が漂っています。
つくり家も今年は祇園祭なるものを観ることができそう~。

さて、6月の初めてさんをご紹介。
大阪からお越しのFさん。
ハーブやアロマのお勉強をされているそうですよemoji
自然なものって本当にいいですよねぇ。

Fさんは、ご予約の段階からストールを染めたいとご希望でした。
夏の暑い日にも使いやすい麻をチョイスemoji
麻のシャリ感と使いこむ毎にクッタリと柔らかくなる感じ。
つくり家も麻素材は大好きですなぁ。

色はピンク系をご希望。
サンプルからの色チョイスも素早い。
フムフム。
Fさん。
自分のやりたいことの着地点が見えてるようですね。

そんな、彼女の完成品はこちら。

材料:ビワの葉
媒染剤:銅
濃染処理:なし
素材:麻100%

染め始めた時はややオレンジでしたが、加熱が進むと銅媒染ぽくなってきました。
シックなピンク。
洋服の色にもあわせやすそう~。ナイスemoji

Fさん、麻のクッタリ感も楽しんでくださいね。









カレンダー

01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

フリーエリア

最新コメント

[12/10 A]
[08/22 あんりママ]
[01/09 ためちゃん]
[08/10 NONAME]
[07/03 ためちゃん]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
tukuri-ya
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
西宮市で草木染め教室を開いています。
楽しく染めて、楽しく使いこなそう!がテーマです。

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

Copyright © M:cico通信 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]